MENU
EDM

【フジロック】Oliver Heldens(HI-LO)おすすめ定番・代表曲

oliverheldensおすすめEDM

【2017/5/6更新】

こんオリバー!

Future House(フューチャーハウス)の代表的存在、Oliver Heldens(オリバー・ヘルデンス)について特集します。フジロックにも出演で話題のDJアーティストで個人的にとてもハマっています。

それでは、おすすめの人気曲・代表曲についてご紹介します。

Oliver Heldens(オリバー・ヘルデンス)とは?

Future Houseの貴公子

オランダ・ロッテルダム出身。弱冠21歳にして、新しい流れを作っているEDMアーティストです。ヒゲのおかげか21歳に見えない貫禄もあり(笑)

キャッチーなメロディに加えて、特徴的なシャカシャカしたドロップと水が滴り落ちるような「ピチョン」という効果音が時より入るのが特徴。

さらに2015年度のDJランキングでは堂々の12位。さらなる期待が高まっています。

オランダ出身

人気DJランキング21位

キャッチー&シャカシャカ&ピチョン

Future Houseとは?

簡単に言うと、キャッチーなメロディを持ったHouseのこと。Electro HouseとDeep Houseの中間とも言われる。

なんじゃこりゃですよね(笑)

EDMの重低音やダイナミックな音による高揚感を残しながらも、派手すぎず適度にノレる音楽のことだと捉えています。テンションMAXウェーイというよりかは、適度に身体を揺らすことができるので、部屋のBGMやオシャレなカフェでも最適。

何はともあれ聞いてみましょう!

HI-LO名義も名曲揃い

Oliver Heldensは、レコード・レーベル、「Heldeep Records」を立ち上げてしまっているんです。別プロジェクト名義としてHI-LOとしても活動中。

自身のOliver Heldensの文字からそれぞれ抜き出して、HI-LOとしています。こちらもテイストが少し違って趣きのあるサウンドが興味深い。

HI-LOでもガンガン曲をリリースして欲しいですね!

Oliver Heldens(オリバー・ヘルデンス)オススメ人気曲

Oliver Heldens – Gecko

Oliver Heldensはここから始まった!Tiëstoに認められたことから、人気に火が付いた曲といえばこちら。まずはコレの一曲。

▼おすすめポイント

2013年リリース

まずはこの曲

Future Houseの先駆け

Oliver Heldens – Bunnydance

まさにシャカシャカ、キャッチー、ピチョンが揃っているOliver Heldensの代名詞である曲。タイトルが動物をモチーフにすることも多い。ピョンピョン小躍りしたくなるサウンド。

▼おすすめポイント

2015年リリース

Oliver Heldensの魅力凝縮

ピョンピョン小躍り

Oliver Heldens – Koala

クセになるドロップが気持ちいい。やはりこちらもセットリスト頻出曲。koala、koala(コワッコワッ)というポップな声もアクセントになってます。日本を意識したPVんも注目。

▼おすすめポイント

2014年リリース

セットリスト頻出

コワッコワッ

Oliver Heldens – Melody

ピアノ音とオーケストラの美しい旋律が印象的。キレイめサウンドでありつつ、どことなく艶のあるメロディラインに思わず引き込まれる。キレイめEDM好きはたぶんハマります。

▼おすすめポイント

2015年リリース

ただただ美しい旋律

魅力にメロメロ

Sander van Doorn & Oliver Heldens – THIS

Sander van Doorn(サンダー・ヴァン・ドーン)と豪華コラボした曲。こちらはドロップも特徴的であるとともに、「THIS」と低音ボイスで入るところがポイント。このTHISのみを切り取って他の曲にも使われることもしばしば。

▼おすすめポイント

2014年リリース

Sander van Doornと豪華コラボ

THIS!THIS!THIS!

Tiësto & Oliver Heldens – Wombass

冒頭で特徴的なので、もうOliver Heldensとわかる曲。巨匠Tiësto(ティエスト)とコラボ。途中のオーケストラも好き。フェスではテンポ(BPM)を大抵あげているので、さらにノリやすい。シャッフルダンスが踊りたくなる曲。

▼おすすめポイント

2015年リリース

Tiëstoと超豪華コラボ

Let’s!シャッフル!

Oliver Heldens & Shaun Frank ft. Delaney Jane – Shades Of Grey

カナダ・トロントのShaun Frank(ショーン・フランク)とコラボ。Delaney Jane(デラニー・ジェーン)もEDMでたびたび登場するヴォーカルで、しっかり華を添えている。キャッチーで聴きやすく、おしゃれ度満点。

▼おすすめポイント

2015年リリース

Shaun FrankとDelaney Jane

おしゃれで心地良い

Oliver Heldens & Throttle – Waiting

オーストラリア出身の若手アーティストThrottle(スロットル)とのコラボ。Dirty Houseとも呼ばれているジャンルの曲に仕上がっている。

▼おすすめポイント

2016年リリース

Throttleとコラボ

まさにフル「スロットル」

Oliver Heldens & Chocolate Puma – Space Sheep

2016年最新曲。HI-LO寄りのディープでアンダーグラウンド的なヴォンヴォン感が冴える。EDC LV2016をはじめとして直近のフェスでは頻繁に流れている曲。

▼おすすめポイント

2016年最新曲

Chocolate Pumaとコラボ

ディープでダークネス

Oliver Heldens – Flamingo

2016年最新曲。Tomorrowland2016でもマッシュアップでかかってたインスト。得意の動物シリーズ、今回はフラミンゴ。

▼おすすめポイント

新曲2016

Tomorrowlandでプレイ

動物シリーズ

HI-LOのおすすめ人気曲

HI-LO – Renegade Mastah

自身のレーベルである「Heldeep Records」からリリースされた曲。原曲はイギリス出身のWildchildが1995年に出した『Renegade Master』。HI-LO節のディープさが加わり、さらに中毒性が増している。

▼おすすめポイント

2015年リリース

『Renegade Master』をリメイク

聴き応えUP

Oliver Heldens & Da Hool – MHATLP (HI-LO Edit)

1997年にリリースされたDa Hoolの人気ダンスチューン『meet her at the Love Parade』をOliver HeldensがMHATLPという名前でリメイクしつつ、HI-LO名義でも編集するというツッコミどころ満載。うまく融合されて自分のものになってますね。

▼おすすめポイント

2015年リリース

「meet her at the Love Parade」を二重リメイク

HI-LO節が炸裂

最後に

いかがでしたか。

最近フェスで流れている、G-Eazy x Bebe Rexha – Me, Myself & I (Oliver Heldens Remix)やMoby – Go (HI-LO Remix)もおすすめ。

おそらくEDMのフェスにも今後来てくれることでしょう、いや来てくれ〜笑

いよいよフェスシーズン到来!