読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHO-GOURITEKI

仕事も恋も人生も"超合理的"に。

【ゴジラ】Huluで見放題!おすすめ人気名作映画(昭和・平成)

エンタメ エンタメ-映画

GODZILLA_hulu

※2016/7/29更新

こん超合理的!マヤーです。

 

実は今、動画見放題サービスHuluで最新作映画「シン・ゴジラ」公開を記念してカウントダウン配新が決定!7/1(金)〜毎日1作品ずつ追加されていくんです!

 

子どものころ、ゴジラにドハマリした方も多いのではないでしょうか。特に男子!

そこで今回は、満足度の高さと円谷プロの圧倒的な特撮技術に定評のある、ゴジラシリーズ全28作品の中からオススメをピックアップしてご紹介します。

 

それでは参りましょう!

 

ゴジラシリーズのオススメ年代別映画ベスト選(昭和・平成)

ゴジラ(1954)

記念すべき第一作。原水爆実験の影響で、伝説の怪獣ゴジラが復活。シリーズ当初は、ゴジラ=悪という認識だった。「特撮怪獣映画」というジャンルの礎を築いた。「ゴジラ」の名を世界に知らしめた傑作なので、日本人なら一度は見ておきたい!

▼おすすめポイント

記念すべき第一作

ゴジラ=悪

世界に轟かせた傑作

 

キングコング対ゴジラ(1962)

第3作目。ゴジラシリーズ初のカラー作品にして、日米の「怪獣同士の対決」は強烈なインパクトを残した。 事実、最大のヒット作(1,120万人動員)。ゴジラとキングコングが熱海で組み合った部分は圧巻の名シーン。ちなみにお笑い芸人ではない(笑)

▼おすすめポイント

初のカラー作品

最大のヒット作

キングコングとの名勝負

 

モスラ対ゴジラ(1964)

第4作目で人気キャラのモスラが初登場。小美人(ザ・ピーナッツ)の祈りの歌だけでなく、大胆な合成技術や密度を増したミニチュア・ワークといった一段とクオリティアップした特撮シーンは必見。ゴジラが初めて負けた映画としても有名。

▼おすすめポイント

モスラ初登場

ゴジラ初黒星

特撮技術UP

 

三大怪獣 地球最大の決戦(1964)

第5作目で宇宙最大の敵キングギドラが初襲来。このチートな相手にゴジラ・ラドン・モスラがタッグを組む。「対決」映画が主流になってくる。「富士山がバック」の決闘シーンもお約束に。「ローマの休日」が作品のベースになっているとか

▼おすすめポイント

キングギドラ初登場

ゴジラがちょっといいキャラ

お約束の富士山

 

怪獣総進撃(1968)

第9作品名。ゴジラ、モスラ、ラドン、アンギラスなど歴代の怪獣たちが大乱闘を繰り広げるのは、カオス感満載。オールスターものは大興奮します。まるで昭和版スマブラを髣髴とさせる。壮観な豪華な光景に釘付け間違いなし。

▼おすすめポイント

歴代の怪獣が集結

まさにカオス

大興奮約束します

 

ゴジラ対ヘドラ(1971)

ある意味異色作。ヘドロの海から発生したナゾの生命体は、当時の環境問題が背景に潜んでいる。容赦なく飲み込んでいく。その怪物、グロテスクにつき。サイケな曲もまたシュールで、なかなか見応えのある一作。

▼おすすめポイント

ある意味異色作

公害問題が背景

サイケデリック

 

地球攻撃命令ゴジラ対ガイガン(1972)

第12作目でガイガン初登場。キングギドラと一緒に攻めてくる怪獣は徹底的な凶悪設定。エッジが効いていて一番目立っている(笑)一方、ゴジラは地球を守る英雄的存在で、動きがキレッキレ。アンギラスも地味にがんばります。

▼おすすめポイント

悪の化身ガイガン

救世主ゴジラ

地味にアンギラス

 

ゴジラ対メカゴジラ(1974)

第14作品名は、メカゴジラが初登場。スタイリッシュであらゆる武器を繰り出してくる神設定。敵であるにも関わらず、メカというだけで、なんとも子供心をジワジワくすぐる。時代の背景で沖縄が舞台となっている。

▼おすすめポイント

メカゴジラ初登場

メカ感がそそる

SF色が強い作品

 

ゴジラvsビオランテ(1989)

第17作品名。中断から再開後、平成では一発目のゴジラ映画。新キャラを公募で決定した。ゴジラのいわばクローンである全身ツタまみれビオランテとの白熱した戦いは見もの。自衛隊も実は奮闘している作品。

▼おすすめポイント

平成一発目

公募で新キャラ

クローンとの戦い

 

ゴジラvsキングギドラ(1991)

第18作品目はキングギドラがメカギドラになるというトンデモ展開。さらに脅威さは増してくる。SFならではのタイムマシンの概念が取り入れられ、未来と現代を行ったり来たりするストーリーにも注目です。

▼おすすめポイント

脅威のメカギドラ

タイムトラベル

王道の名勝負

 

ゴジラvsモスラ(1992)

シリーズ19作品目。もはやゴジラVSモスラft.バトラにしたほうがいいほど、バトラが超絶かっこよすぎる。クライマックスまでハラハラドキドキ。相変わらず大正義モスラは健在。平成ゴジラシリーズ最高の人気作。

▼おすすめポイント

大正義モスラ

バトラ△

モスラや〜モスラ〜

 

ゴジラvsメカゴジラ(1993)

記念すべき20作目かつ生誕40周年の作品はメカゴジラ。ジェット機がジョイントするスーパーメカゴジラ版になって、ますますパワーアップ!ラドンやミニラなども登場して物語に色を添えている。ゴジラの強さも比じゃないレベル。

▼おすすめポイント

最強の対ゴジラ兵器

生誕40周年作品

さらにゴジラが強い

 

ゴジラvsデストロイア(1995)

22作目はゴジラシリーズ完結編にふさわしい内容。デストロイアは、全4段階まで成長変化してくる最強にして最恐の敵。肉体をまだらに赤く発光させた「バーニング・ゴジラ」は圧巻。一体どこまで強くなるのかわからないゴジラに目が離せない。

▼おすすめポイント

鬼畜デストロイア

バーニングゴジラ

完結編にふさわしい

 

ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃(2001)

ミレニアム・ゴジラ・シリーズとして復活した本作(通算25作品目)破壊神ゴジラは「皇居を襲わない」というお約束にたいして答えが出たような作品。キングギドラが珍しくいい役に徹しているのも貴重。

▼おすすめポイント

破壊神ゴジラ

キングギドラが善

人気怪獣集結

 

ゴジラ FINAL WARS(2004)

ラスト28作品目は、生誕50年記念作品として封切り。地球防衛軍は全戦力を投入するが、怪獣の圧倒的な力と数の前に防戦一方。とにかく全部盛りといった感じで、一周回って面白い作品となっている。

▼おすすめポイント

シリーズラスト

生誕50周年記念

集大成で全部盛り

 

最後に

いかがでしたか。

シン・ゴジラは最強・フルCGになるので見ものですね。

この夏はゴジラ祭りだぞ!

 

ゴジラに興奮して当時熱くなったなんて話をすると、またおっさんだとバレてしまうのだろうか…ジェネレーション・ギャップってやつですかね。

 

今だからこそ、ゴジラシリーズを思う存分楽しむのもいいのではないでしょうか。

この機会にぜひともお試しください!

 

ゴジラシリーズ全部見られるのは、なんとHuluだけ! 

 

【Hulu公式サイトはこちら】

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

  

関連記事

・ クランクイン!ビデオで観たいおすすめ新作映画10選【洋画/邦画】

【沈黙シリーズ】スティーブン・セガール主演おすすめ名作映画を紹介する

【映画】「海街diary」を見ていたらロケ地鎌倉に行きたくなった【感想】