お笑い

【2020】R-1ぐらんぷり決勝|結果・審査員・見た感想(3/8)

R-1ぐらんぷり2020結果

こんR-1!

2020年3月8日にピン芸No.1を決める「R-1ぐらんぷり2020」が今年も開催決定!
2532名がエントリー、今年は無観客で開催

決勝へ進出した出場者・ネタ順・持ちネタなどを独断と偏見の感想交えて紹介していきます。そして誰がR-1王者を手にするのか。それでは参りましょう!

R-1ぐらんぷり2020とは

決勝大会概要

・2020年3月8日(日)19:00〜21:00
カンテレ、フジテレビ系
・司会:蛍原徹(雨上がり決死隊)、三田友梨佳(フジテレビアナウンサー)
・ゲスト:粗品(霜降り明星)

・優勝賞金:500万円
さらに優勝特別冠番組

・新型コロナウイルスの影響により、敗者復活ステージと決勝は無観客

お茶の間d投票とTwitter投票でそれぞれ視聴者も審査に参加可能

・事前抽選の各グループ4名ずつのブロックでネタを披露
1位がそれぞれファイナルステージに進み、一番票が入ったピン芸人が優勝

1位3pt、2位2pt、3位1pt、もし同点の場合はお茶の間投票が優先

審査員はそれぞれ持ち点3ptで面白い芸人に投票

 

歴代優勝者

※敬称略
2002年:だいたひかる
2004年:浅越ゴエ
2005年:ほっしゃん。(現:星田英利)
2006年:博多華丸
2007年:なだぎ武
2008年:なだぎ武(2連覇)
2009年:中山功太
2010年:あべこうじ
2011年:佐久間一行
2012年:COWCOW多田健二
2013年:三浦マイルド
2014年:やまもとまさみ
2015年:じゅんいちダビッドソン
2016年:ハリウッドザコシショウ
2017年:アキラ100%
2018年:濱田祐太郎
2019年:霜降り明星粗品

2019年はM-1王者の勢いそのままに霜降り粗品さんがR-1でも優勝
前人未到の2冠を達成したことで話題になりました

2020年は常連組がわずか3名、初出場が8名と早くも波乱の展開になること必至!
審査方法も会場もイレギュラー続きの中、結末やいかに?!

 

審査員

桂文枝、関根勤、久本雅美、陣内智則、友近、勝俣州和
視聴者投票

「お茶の間d投票」が今年復活
視聴者がdボタンで投票に参加可能
審査に反映されるので面白かったピン芸人さんに一票しよう!

R-1ぐらんぷり2020決勝トーナメント進出芸人・結果一覧

メルヘン須長

【初登場】Aブロック

「仮装研の女芸人」トップバッターで登場

初の決勝進出を果たした女性ピン芸人
沢口靖子さんのものまねでおなじみ、なりきり芸が特徴

フリップ芸をベースにあるあるパターン別に科捜研風に切り込むスタイル

 

守谷日和

【初登場】Aブロック
「ナニワの濃いくちアクター」関西のテレビでコアな人気を集めるお笑い芸人

独特の感性から生み出されるキャラクターが持ち味

アリバイを証明するべくさまざまな人物のシチュエーションを
再現していく漫談風スタイル

 

SAKURAI

【初登場】Aブロック
「謎の脱力系ロッカー」ダークホースシンガーとして人気のお笑い芸人が初登場
ザコシショウさんもおすすめしている芸人さん

ギター片手にフォークソング的なリズムネタで勝負
この独特のリズムがじわじわ癖になります笑

 

マヂカルラブリー野田クリスタル

【初登場】Aブロック、ファイナルステージ進出
「ハイパーオモシロクリエイター」ただひとりのトリプルファイナリスト

自分で作ったオリジナルゲームを操作して想定外なことが起こるネタ
審査員にいる陣内さんを思わせる感じ

超くだらないゲームなのになぜか実際にありそうでないような設定が絶妙
戻るボタンのない「課金」ボタン、そして最後のオチも笑

有吉弘行さんが先日ラジオでも「個人的に応援している」として挙げましたが
予想が当たってしまうかにも注目です!

 

ルシファー吉岡

Bブロック
「円熟のコント俳優」R-1決勝進出常連組のひとり、5年連続進出でまさにR-1ガチ勢!

深みを増した表現力とネタが強み

コーヒーをどちらに置いたかを力説するネタがシュール

有吉さんが個人的に予想しているだけに同じく注目

 

ななまがり森下

【初登場】Bブロック
「令和のちょいヤバ芸人」キングオブコント決勝にも進出

コント「乳首隠せない男」である意味まさかの衝撃・・・キャー?!
3分が長く異様に感じるという陣内さんのコメント実に的を射てます

 

パーパーほしのディスコ

【初登場】Bブロック
「ひとりぼっちの哀愁劇場」キングオブコント決勝にも進出

R-1エンジョイ勢?センチメンタルなネタでR-1でスターになれるか
彼女がプリンを勝手に食べたのを言おうとしたら浮気のカミングアウトだったネタ

 

すゑひろがりず南條

【初登場】Bブロック、ファイナルステージ進出(同点のためお茶の間投票が優先)
「この芸人いとをかし」昨年、日本の伝統芸能ネタでM-1決勝進出!一躍注目を集めたコンビ

ピンで鼓を叩きつつ、今と昔を行き来して話し方も所作も変わっていくネタ

 

ヒューマン中村

Cブロック
「帰ってきたネタ職人」5年ぶりにR-1決勝進出!

セントニア王国なる妖精が勝手にメッセージを届けてくるという設定
まさかの受信料を徴収笑

 

おいでやす小田

Cブロック
「はじけろ!怒りのボルテージ」キレのあるハイテンションネタでR-1に5年連続決勝進出、常連組のひとり

昨年は同点で粗品さんにまさかのギリギリ敗北

ラ行を巻き舌超ハイテンションでまくしたてるフリップ芸

ワタリ119

【初登場】Cブロック
「出動!お笑いレスキュー」有吉ゼミでの激辛チャレンジやお笑い向上委員会での活躍もめざましいワタリさん

元消防隊員という経歴を生かした超高速フリップネタ
時間ちょっと余ってしまったのはフリなのか笑

 

敗者復活枠(大谷健太)

【初登場】Cブロック、ファイナルステージ進出
グループで一番最後に登場

クオリティ高いイラストと早口言葉の組み合わせで勝負
2回目をしっかり聞かないと早すぎて聞き取れない笑
相当稽古しないとこれは素人では到底無理!

 

R-1優勝はこの芸人

「マヂカルラブリー野田クリスタル」

ファイナルステージ
(※お茶の間d投票・Twitter投票・審査員のpt順)
・【Aブロック勝者】マヂカルラブリー野田クリスタル:3・3・10
・【Bブロック勝者】すゑひろがりず南條:1・1・3
・【Cブロック勝者】大谷健太(敗者復活枠):2・2・5

2本目はスマホゲームネタ
肝心なところは課金というオチは3人の中で一番面白い
有吉さんの予想またしても的中ですごすぎる!

 

最後に

以上、今年のR-1ぐらんぷりについて出場者情報や結果を紹介しました

ひとり芸の頂上決戦を制するのは果たしてだれになるのか

栄光の瞬間をぜひともこの目で見届けましょう!