読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHO-GOURITEKI

仕事も恋も人生も"超合理的"に。

【潔癖症チェックリスト】部屋・日常生活編!あるあるエピソードをまとめてみた

ライフスタイル ライフスタイル-健康

keppeki_aruaru

どうもマヤーです。

 

数年前から何かとテレビでよく取り上げられることが多い「潔癖症」問題。思わずあるあると頷ける方やドン引きしまくりという方、いろいろいらっしゃると思います。芸能人から仰天エピソードが飛び出すこともしばしば。

 

今回は、潔癖だと思われる項目についてベタなものも含めて診断テスト風に一覧でまとめてみました。自分でも思い当たるところがあったので。ガチの潔癖なのかちょっとした潔癖なのか考えながらご覧いただければと思います。

 

潔癖症って何?

特徴や原因

 

病的な潔癖症は、強迫性障害(OCD)のひとつであり、不潔恐怖、洗浄強迫といわれ、医療現場では深刻な問題だと考えられています。不潔であるという強迫観念に囚われ、恐怖や嫌悪感、苦痛を解消しようと儀式のように洗浄をくりかえし、社会生活や人間関係、日常生活に支障をきたす障害です。

(出典:「潔癖症」と「きれい好き」の大きな違いって?症状や特徴、診断テスト、治療・克服の方法を解説します|WELQ [ウェルク])

単なる「綺麗好き」と思っていた行動も実は…というケースも珍しくないようです。例えば必要以上に手を洗わなければ気がすまないことで精神的に落ち着かない、不安になってしまう。あまりにも行き過ぎるともはや病気となり治療が必要になることも。

 

原因

幼少期の厳しすぎる躾や虐待、事件、いじめなどが要因となって強迫観念が形成されることもあるようですし、出産(子どもを汚いと感じるものから守ろうとするため)や、たまたま汚物に触れてしまったというきっかけで発症することもあるようです。

(出典:WELQ)

何の先入観もなくただただ嫌なケースから、幼少時のトラウマ的な体験や家庭での習慣によるものなど入り口はいろいろとありそう。誰かが洗っていたりキレイにしていることが信用できないから「自分で」やらないと納得がいかなくなるってのもあるかと思います。

 

芸能人・有名人

いつから大々的に取り沙汰されるようになったというと、やはり「踊る!さんま御殿!!」での「潔癖キング」坂上忍さんの強烈な潔癖症エピソードあたりからカミングアウトが増え始めたように思います。

 

そのほか「有吉ゼミ」にも出ている「潔癖王子」こと石黒英雄さんや「除菌ウェットティッシュ」を常に持ち歩くモデルの菜々緒さん、「ロンドンハーツ」でのお宅訪問でボディーソープの底のぬめぬめをチェックすることでおなじみ田村淳さんなどなど数多くいるように感じます。頻繁にネタとして放送されるということは数字も穫れるんですかね?笑

 

潔癖度診断リスト(部屋・日常生活)

電車の吊革を触れない

 

まずはこれでしょう。潔癖症で打線組んだら間違いなくクリーンナップ級。電車で吊革に触るとあのヌメッとした感じがどうも不快に感じる。誰が触ったかわからないのと、なんとなくこれ個人的にも物心ついたときからダメで…つかめないとは言わないまでも写真のように二本指って人もいるはず。

 

エスカレーターの手すりをつかめない

 

こちらも似たような感じ。掴んでおいたほうが安全上いいにこしたことはないけど、あの不特定多数が触った感じを想像すると…うわあああってなる。掃除のおばさんがちょうどふいてくれると良いかなと思いきや…その雑巾が真っ黒だったりすると…お、おう。

 

ジムにあるマシンのグリップを握れない

触れないシリーズ第三弾。スポーツジムにあるエアロバイクやトレーニングマシンなどの器具。身体を動かしているからいつも以上に手汗がスゴイ…使用後は付属のタオルやウェットティッシュで拭く必要がありますが、適当にチャチャッと拭く人もしばしば。嫌だなという方はトレーニンググローブをはめれば指先以外は直接触れるのを防いでくれるのでオススメ!全部覆いたければ軍手装着しかない。

 

銭湯やスパの床を歩けない

 

コーヒー牛乳を飲むのは美味い一時だけども、あのヌメッとして湿った感じの床を歩くのがストレスフル。つま先立ちでなんとか触れる面積を抑えるくらいしか方法がない。実際に感染症や水虫になる可能性もあるという恐怖感から嫌がる人も多いでしょう。歩いた後はなんとなくウェットティッシュで足の裏を拭きたくなってしまう。

 

病院や施設のスリッパを履けない

土足禁止の場所で室内履きのスリッパであがるケースがあると思います。特に多くの人が出入りするところだと、たまに羽柴秀吉ばりに「人肌に温めてある履物」に程よい頻度で当たることがある。これでゲンナリするパターン。

 

エレベーターのボタンを指先で触れない

 

乗る前のボタンやエレベーター内のボタン、信号のボタンを指の先でどうしても触ることができない。それを触った手でスマホや自分の持ち物をさわるなんて…確かにたまにヌメッとしているときがある。指先ではなく手の甲で触るという猛者も。エレガのお姉さんのような白い手袋をちょっと羨ましがったりする。そもそもエレガを知らないか…

 

食堂の箸や割り箸を使えない

 

あの割り箸がカンカンにぎっしり詰まっていてむき出しになっている。箱に入っているのではないやつ。減ってくると上から押し込んで補充していくし、残りの割り箸はいつからそこに入っているものか定かではない。

 

マイ箸を持参する

外にある箸を使うか否かという箸問題に巻き込まれないように「マイ箸」を持参する。そして、いつでもどこでもそれを使う。マイスプーンやマイフォークというさらに上級者までいます。

 

イスや座席に座れない

 

生暖かい問題第二弾。その前にどこの誰が座ったかもわからない、思ったよりもお尻だけものすごい温まりすぎていることがある…

 

直箸でつついて食べるのが嫌だ

 

鍋や焼肉などみんなで集まって何かやる時にありがちなこと。直箸問題。これはね、あまり親しくないと感覚的にキツイなあと思うことがしばしば。あとは「焼き鳥の串」を直箸でご丁寧に外してお皿に盛り付けられたときは、いろいろな感情が混じり合って滅入ってしまうことも。

 

ペットボトル一口ちょうだいに躊躇する

 

不意に「それ一口ちょうだい」っていわれて気づいたら、もう飲まれている。個人的にはその後はそのまま全部飲んでいいよってあげちゃう(笑)関連ワードとしては、運動部であるような、「ペットボトルを回し飲みできない」が当てはまりそう。写真のように飲み口から離して飲む人もいましたね。「目薬ちょっと貸して」パターンももしや何か伝染るんじゃないかという不安から嫌になる。

 

他人の握ったおにぎりを食べることができない

素手で握ったおにぎりを見ると食欲をなくしてしまう。作っている工程が見えてしまう、作っている姿を想像すると途端に喉を通らなくなるケース。これもあるある。いっさい触らずにこういった便利グッズで作りたくなる。関連ワードに「誰かがむいたリンゴが食べられない」

 

他人と握手することができない

 

別れ際にすぐに握手を求めてくる人っている。しかも熱血タイプで手汗びっしりだったりすると余計に動揺してしまう。あのフランクで強めに握手する人って選挙でもはじめるのだろうか(笑)

 

BBQを楽しめない

 

ホコリだらけの肉やしばらく置いた野ざらしの具材をどうしてわざわざ食べる必要があるのか。みんなで食べるのが楽しい?しかも直箸だし…キレイな室内でそれぞれが食べたほうがいいに決まっている!と言って早々に帰ってしまったヒール履いてきた女の子が昔いました。

 

手作りのお菓子を受け付けない

 

「クッキー作ってきた」個人的にいただいたのを無下に断るわけにもいかないし…ありがとうと言いながら貰った時に顔はちょっとひきつっている。ご近所さんがカレーや煮物作ってきたおすそ分けってパターンも同様。あとから感想はって聞かれた時は…「食べてるわけないだろ!」ともいえず…「うん、おいしかったよって」最大の作り笑顔で乗り切る。

 

靴下で家に上がってほしくない&上がりたくない

靴下のまま家にあげる、素足なんてもってのほか。もしくは自分が靴下であがりたくない両方ありうると思います。ホテルに置いてあるような使い捨ての白い簡易スリッパを使うように、または使ってあがる。実際にこんな場面に遭遇したことありました。

 

便座に座れない・トイレを使ってほしくない

 

便座を除菌できるクリーナーがサイドについているのでそれを掃除してから、トイレットペーパーを乗せつつも、結局は空気イスで用を足すスタイル。外や友人の家ではだいたいこのパターンで乗り切る。男性の場合、飛び散るので家では「トイレは座ってしてもらう」それだけではなく、意外にも毛が落ちることが多いのでそもそも使ってほしくない。

 

バスタオルは使ったら即洗濯

 

2,3日いや、1週間とか臭ってから替えるなんてとんでもない!ちなみに、一度拭いたものを放置すると雑菌が大量に増えてしまい、ニオイの原因にもなるとか。

使用直後のバスタオルには1枚当り数十~数百個くらいの雑菌(主に使用者の体に由来する細菌)が付いていますが、 そのタオルを3日間洗濯せずに使うと、細菌数は数万~数億個に激増します。(出典:

バスタオル、何回使ってから洗う? | 衛生微生物研究センター

)

他人の歯磨き粉を使えない

 

歯磨き粉を歯ブラシに直接つけると当然触れてしまう。次にもそれを使うのは…なんて考える人もいます。なのでそういう時にはマイ歯磨き粉を持参することも。

 

ポテトチップスは箸でつまむ

 

手が汚れるのが嫌なのでポテトチップスは箸でつまんで食べる。こういった人は、手についた塩やポテチの欠片を舐めた手でさらに袋に突っ込まれるのをやめてほしいと思っていることがある。

 

何にでも除菌・消臭スプレーしたくなる

カーペットにシュッシュ、ドアノブシュッシュ、相手にもシュッシュ…一日はシュッシュから始まる。CMで汚れがウヨウヨ浮き出ているパターンのが出始めたてから過敏になり始めたのか。左手には常に除菌スプレー、右手に虫眼鏡を持ち歩いているかもしれない。

 

スキンシップができない

気軽にベタベタイチャイチャすることができない。それに気安く触られるのも困る。口にも除菌スプレーをシュッシュしてふきかけてしまうことも…

 

他人の家の食器や箸を使えない

しっかり洗っているのだろうけど、なぜか信用できないのでまた改めて自分で洗いたくなる。難しいときはウエットティッシュで拭いてやり過ごすか紙皿・割り箸を事前に用意してそれを使うようにする。

 

ラーメンや汁物を回し食いできない

 

特に若い時や運動部時代にこんな場面に遭遇した方も多いのでは。カップ麺をひとりではおいしく食べられるけど、特に食べかけの麺を切って食べるタイプの場合の後なんかは何から何かまで入っちゃててついつい麺をすするのが…「他人の食べかけを平気で食べるなんてありえない」も関連項目。

 

コロコロで事あるごとに掃除してしまう

特に誰が遊びに来た時にはコロコロが手放せない、いつどこで汚すかわからないから。ちょっとしたホコリやせんべいのカスも見逃さない。関連エピソードとしては「常に掃除機をかけていないと気がすまない」 

 

以上こんな感じ!

 

診断結果
▼0-4個→ 細かいことはほぼ気にしない
▼5-10個→ 気になることは気になる
▼11-20個→ 結構神経質
▼21個以上→ キング・オブ・潔癖!

 

最後に

みなさんも診断リストの中で当てはまる項目はありましたか。イケメンや美女なら許せるのか、好きな人ならいいのか、家族でも嫌なのかそれによって深刻度は変わってきますが…

 

今後テレビ番組で取り上げられた潔癖症あるあるなども随時更新していきます! 

 

▼おまけあるある:カバンの中に除菌ウェットティッシュを常に入れている

 

それではまた!