時事

【流行語】2018年ノミネート候補一覧・年間大賞を予想

ryuko-word2018

こん流行語!

2018年12月3日、ついに今年の「新語・流行語大賞」が発表されます。Yahoo!検索大賞やJK流行語などもありますが、これぞ年末の風物詩的存在!

2018年も政治・経済・芸能・スポーツ…多方面でいろいろなことがありすぎましたが…平成最後の流行語大賞は果たしてどのワードになるのか。ノミネートや簡単な解説、大賞を予想を交えて流行語を紹介してきます。

それでは行ってみましょう!


流行語大賞2018ノミネートベスト30

あおり運転

「あおり運転」とは、執拗に車につきまとい進行を妨げる悪質な運転行為のこと

東名高速での痛ましい事件がきっかけで大きく取り上げられるようになりました

ドライブレコーダーを取り付けることで事実を明確にする必要もありそうですね

 

悪質タックル

2018年5月に日大アメフト部と関学アメフト部との試合で起こった一連の動き

宮川選手が内田前監督と井上前コーチの指示を受けていたのかそれともいなかったのか…真相は闇の中です…

選手自ら顔を出して「やらなきゃ意味ないよ」の言葉も印象的でした。
スポーツの不正や疑惑の一年でしたね

 

eスポーツ

エレクトロニック・スポーツの略で格闘ゲームやリアルタイムの対人戦ゲームで争うこと

日本ではまだまだこれからですが、2024年のオリンピックにも正式採用されるのではないかに注目が集まっています

将来の夢はYouTuberからプロゲーマーになる日も近い?!

 

(大迫)半端ない

2018FIFAワールドカップ ロシア大会での一幕

格上相手のコロンビア戦で魅せたあの逆転ゴールは忘れられない名シーン!

まさか高校時代に言われた言葉が再び脚光を浴びるとは思ってもいなかったでしょう

worldcup-2018
【西野ジャパン】サッカー日本代表メンバーでロシアW杯2018勝てるか予想【2018/7/3更新】W杯開幕!決勝トーナメント進出!! 2018年6月に開催されるFIFAワールドカップサッカーロシア大会 ...
 

おっさんずラブ

2018年4月のテレビ朝日系の春ドラマで田中圭さん主演

吉田鋼太郎さんらとのおっさん同士のピュア恋愛ドラマがネット上で大人気に

田中圭さんが上半期ナンバーワンブレイク俳優に突き抜けた代表作になりましたね

GAFA(ガーファ)

GAFAとは「Google」「Apple」「Facebook」「Amazon」4社の頭文字を取ったもの

私達の生活には欠かせないサービスや製品を提供しているいわば勝ち組すぎる企業

便利になる半面、日本企業が入っていないという不安もあります。

 

仮想通貨/ダークウェブ

bitFlyer ウォレット - ビットコイン・仮想通貨の取引もかんたん
bitFlyer ウォレット – ビットコイン・仮想通貨の取引もかんたん
開発元:bitFlyer, Inc.
posted withアプリーチ

「仮想通貨」とはネット上に存在する通貨で電子マネーとして決済も可能な通貨

ドルや円などの垣根を越えた将来の通貨として期待されているものの、コインチェックでの流出問題
価値が乱高下することもありまだまだ問題視されている部分もあります。

ビットフライヤーを始め、数多くの取引所がCMめちゃくちゃ打ってましたよね〜

金足農旋風

記念すべき第100回の夏の甲子園で、秋田県勢として103年ぶりの準優勝に貢献し、
一躍ヒーローとなった「平成最後の怪物」吉田輝星投手

イケメンとしても女性に大人気!

日本ハムへのプロ入りも決まり今後も注目です!

カメ止め

上田慎一郎監督による異色のゾンビ映画

当初はレイトショーからスタートし、SNS等から好評を得て全国ロードショーまで大ブームに。制作費がわずか300万円というのも驚き!

君たちはどう生きるか

1937年に出版された吉野源三郎さんの原作小説を羽賀翔一さんが漫画化

人間としてあるべき姿を求め続けるコペル君とおじさんの物語

なんと200万部超えの大ヒットに!

筋肉は裏切らない

NHK「みんなで筋肉体操」の中で近畿大学生物理工学部准教授である谷本道哉さんが
放った台詞のこと

コレ正直最初はなんのことだかわからなかったです…

グレイヘア

歳をとって徐々に白髪が目立ってくると染める方は多いかと思いますが…

あえて白髪染めをやめ、そのままの髪色を生かす「グレイヘア」がブームになってきています

近藤サトさんや吉川晃司さんなど芸能人の方のグレイヘアも素敵ですよね

計画運休

「計画運休」とは台風など自然災害が起こった際、事前に鉄道各社が計画的に運休をすること

今年は特に台風による災害で大きな被害を受けた年でした、無理やり会社や学校にいくよりは事前に運休をお知らせしてくれることで人が混乱するのを防ぐこともできそうですね

高プロ(高度プロフェッショナル制度)

高度な専門知識を有し一定水準以上の年収を得る労働者について、労働時間規制の対象から除外する仕組み

「働き方改革」はノミネートされていませんでしたが、労働状況の改善はされてほしいものです

ご飯論法

国会審議で加藤厚生労働大臣が「朝ごはんは食べたか」→「ご飯は食べてません(パンは食べたけど)」のような論点をずらした答弁を繰り返した

これをツイッター上で法政大学教授の上西充子さんが「ご飯論法」と名付けたことで話題に
 

災害級の暑さ

今年は記録的な猛暑であったことは覚えていますが…

あまりこの言葉自体を使っていなかったような気もします
 

時短ハラスメント

 

首相案件

 

翔タイム

今年メジャーでの二刀流に挑戦した大谷翔平選手
その活躍ぶりをメディアが「SHOWTIME(ショータイム)」と表現して話題に

イチロー選手以来の新人王も獲得しまさに名選手
怪我の状態が心配ですがしっかり治してさらなる活躍を期待したいですね

スーパーボランティア

行方不明になった2歳の男の子を68時間ぶりに無事に保護した尾畠春夫さん

謙虚で驕らない姿勢にも心打たれました

受賞者辞退というところも納得ですね

 

そだねー・もぐもくタイム

2018平昌オリンピックカーリング女子チームのプレイ中の一幕が話題に

藤澤五月選手をはじめ、「そだねー」と和気あいあいと試合する姿に人気も急上昇

ハーフタイム中に軽食を取る姿も「もぐもぐタイム」としてメディアに取り上げられましたね、北海道銘菓「赤いサイロ」も一時売り切れに

ダサかっこいい/U.S.A

DA PUMPの再ブレイクのきっかけとなった曲

90年代に流行ったユーロビートの名曲をカバー

「いいねダンス」がダサかっこいいと注目を浴びることに、このダンスはみんな踊りたくなりますね
忘年会でも覚えておくと良さそうです!

TikTok

TikTok ティックトック
TikTok ティックトック
開発元:BYTEMOD PTE. LTD.
無料
posted withアプリーチ

「Tik Tok」とは流行りの音楽に合わせて動画を制作・配信できるアプリのこと

フィルターで可愛く演出できるので女子に10代を中心に人気が沸騰!

アプリの人気は移り変わりが本当に早いですね、VTuberも候補に上がっても良さそうでした
 

なおみ節

全米オープン初優勝を偉業をなし遂げた女子テニスプレイヤー

インタビューでの受け答えもなんだか可愛らしいのでそこも人気のひとつでしょうか
 

奈良判定

当時日本ボクシング連盟の山根明会長が奈良県出身の選手に異様に優遇したジャッジをしたという行為

潔く会長を辞任しましたが、あのインパクトはなかなかのものでした…

ひょっこりはん

日テレの年末年始お笑い番組「おもしろ荘」をきっかけに大ブレイク!はいっ!ひょっこりはん!

今年のハロウィン仮装や忘年会でもひょっこりはんになる人が多そうな予感…

ゴチでも大活躍!

ぐるナイゴチ結果
【ぐるナイ】ゴチ19|新メンバー・戦績・クビ予想と結果まとめ【2018】【※2018/12/13更新】平成最後のゴチ残り2戦! こんゴチ19! 2018年12月13日放送の「ぐるナイ」では「グルメ...

 

ブラックアウト

 

ボーっと生きてんじゃねえよ!

NHK「チコちゃんに叱られる!」でのひとこま

5歳のチコちゃんからの質問に答えられないと「ボーっと生きてんじゃねえよ!」と叱られます(笑)

#MeToo

ハリウッドの大物プロデューサーのセクハラ疑惑により、多くの女優が私も私もと
次々と声を上げるように

日本というより世界でのトレンドワードといった感じでしょうか

 

流行語大賞トップテン発表・予想

今年の大賞はこの言葉

【年間大賞】そだねー
【トップテン】eスポーツ
【トップテン】(大迫)半端ないって
【トップテン】おっさんずラブ
【トップテン】ご飯論法
【トップテン】災害級の暑さ
【トップテン】スーパーボランティア
【トップテン】奈良判定
【トップテン】ボーっと生きてんじゃねーよ!
【トップテン】#MeToo

個人的な予想

「そだねー」よりも「大迫半端ないって」〜が有力だと思います!
オリンピックが冬だったこともあり、時期的な問題でやや薄れてしまっているのも惜しいですね

以前の「神ってる」もそうでしたが、〇〇半端ないって〜と
普段の会話にも使っている方もいたのでまさに流行語かなと予想します!

個人的には「やらなきゃ意味ないよ」が一番取ってほしい…候補にないですね(笑)

 

最後に

以上、2018年の流行語大賞について紹介しました。

流行語を通して今年一年を振り返ってみるのもいいですね。

いよいよ、年末、そして平成もあと少し!