ライフスタイル

【新型肺炎】コロナウイルス|原因・対処法・最新情報を整理

新型コロナ最新情報

【※2020/3/25更新】
中国武漢から端を発した新型コロナウイルスによる肺炎問題

連日、テレビや新聞、ネットニュースなど各種メディアで取り上げられています
2020年2月3日にはSARSを超える感染者数に
とにかく感染力が凄まじく日本国内でも徐々に広がっており不安の日々が続いています

今後どのような状況になっていくのか、そもそも何に気をつければ良いのか

たくさんの情報が日々飛び交う中でわからないという方もいるのではと思います
原因や対策、巷にあふれる最新情報について後々に振り返る意味でのログ的要素、備忘録的な意味合いも含めて諸々まとめてみました。

厚生労働省、首相官邸などを元に随時更新しておりますが、最新情報については、日本政府の公式発表をご確認ください

 


【最新情報】新型肺炎コロナウイルスを時系列で整理【随時更新】

※日本国内での状況を中心に整理しています

2020年3月25日

東京都が週末の外出自粛を要請

2020年3月24日

東京オリンピック2020を1年程度延期する方針で一致

2020年3月22日

外務省がアメリカへの不要不急の渡航中止を要請
3連休にかけてK-1、宝塚など一部大型イベント・公演を開催・再開

2020年3月16日

厚労省が全国クラスターマップを公開

 

2020年3月13日

アメリカのトランプ大統領が国家非常事態宣言

 

2020年3月12日

WHOが「パンデミック」表明

 

2020年3月10日

緊急対応策第二弾として大規模イベント10日間程度の自粛、休業補償などを盛り込む

 

2020年3月8日

アメリカニューヨーク州で非常事態宣言

 

2020年3月7日

日本国内での感染者が1100人を超す
緊急対応策第二弾を3月10日にも取りまとめる方針を示す

2020年3月6日

PCR検査が医療保険の対象になる

2020年3月4日

大阪ライブハウスでの集団感染を皮切りに
いわゆる「クラスター」の可能性が指摘される

 

2020年2月29日

安倍首相が政府の対応を説明するため緊急会見が開かれる

 

2020年2月27日

新型コロナの感染拡大を受け、首相が全国小中高校の休校を要請(3月2日〜春休みまで)

 

2020年2月24日

「この1~2週が瀬戸際」と政府の専門家会議が見解を示す

 

2020年2月20日

大型クルーズ船での感染者のうち2名が命を落とす

 

2020年2月19日

大型クルーズ船で陰性の乗客、随時下船を開始
感染症専門医である神戸大教授、岩田健太郎さんが船内の現状について動画を公開(翌日に削除)

 

2020年2月18日

大型クルーズ船での感染者が500人超に

 

2020年2月17日

日本で経路不明の感染者が相次ぐ
今年開催予定の「東京マラソン」一般参加者の出場を取りやめ

 

2020年2月13日

大型クルーズ船での感染者が200人超に
海外渡航歴のない国内での感染者が命を落とす

 

2020年2月12日

大型クルーズ船で検疫官も感染

 

2020年2月11日

世界での感染者は40000人超に
チャーター便で帰国した日本人2人の感染確認
WHOが新型コロナウイルスの正式名称を命名

 

2020年2月10日

大型クルーズ船で新たに65人感染

 

2020年2月7日

大型クルーズ船で新たに41人感染
世界での感染者は30000人超に

 

2020年2月6日

大型クルーズ船で新たに10人が陽性、合計で20人に

 

2020年2月5日

大型クルーズ船で10人が陽性と判明

 

2020年2月4日

千葉県で武漢市から来日の女性の感染確認
中国での感染者が20000人超に

 

2020年2月3日

約3700名を乗せた大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の検疫を開始

 

2020年1月31日

WHOが緊急事態を宣言

 

2020年1月30日

東京オリンピック中止のニュースについて、組織委員会は否定との報道

2020年1月28日

武漢からチャーター機で206名が日本に帰国

 

2020年1月28日

「東京オリンピック中止か」の見出しが一部情報サイトから流れる
武漢への渡航歴がない日本人が新型コロナウイルスに感染

 

2020年1月27日

日本政府が新型肺炎コロナウイルスを「指定感染症」と「検疫感染症」に指定

 

2020年1月23日

WHOが緊急事態宣言を見送り

 

2020年1月9日

中国武漢で「新型コロナウイルス」による肺炎と断定

最新情報は各種ニュースアプリでもこまめに確認するのも重要です

app-news
【ニュースアプリ】おすすめ人気ランキング!最新の情報収集ならコレ!【※2020/2/7更新】最新ニュースアプリランキング追加! スマホやPCを使っているとネットでの情報収集や検索にかなり多くの時間...

 

新型肺炎コロナウイルスの原因

正式名称

WHOにより命名された新型コロナウイルスの名称
2020年2月11日に「COVID-19」と命名

 

潜伏期間

1日〜14日
(※適宜修正されています)

 

感染経路

飛沫感染(くしゃみや咳など)
接触感染(ウイルスが付着した物に触る)

インフルエンザであればプラスチックや金属などツルツルした面の場合
最大48時間は存在している可能性があるため念のため警戒

濃厚接触(感染者と半径2m以内で1時間程度会話や飲食を行う状態)
であれば特に危険性が高まります

さらに「エアロゾル感染」の恐れもあるということですが、
真偽は定かではありません

 

症状

発熱・咳・肺炎など

感染力は高いものの、重症化しにくいと一部では言われていますが
確定事項ではないので予防に越したことはありません

 

新型肺炎コロナウイルスの対処法・現状

3密を避けて外出

2020年3月18日に首相官邸からも発表されました
新型コロナ拡大を受けて集団感染(クラスター)の防止策として以下の3つを心がけることを挙げています

①換気の悪い密閉空間
②多数が集まる密集場所
③間近で会話や発声をする密接場面

当たり前のことですが、特別な用事がない限り人が多く集まるところは避ける
パンデミックに備えて少し多めの食料や飲み物は確保しておくのがベスト

毎日の通勤・通学での電車移動では特に注意
うたた寝をしたり、手すりに触ったりしないように気をつけましょう

日本国内ではスポーツの試合、ライブや握手会などの中止も相次いでいます

 

手洗いをしっかり

石鹸をつけて「手のひら・手の甲・爪・親指周り・手首」を
合計1分ほどかけて洗う

外出時の場合には「紙せっけん」が便利!

紙せっけんの作り方は超簡単!
細かく切ったキッチンペーパーに液体のハンドソープをつけて乾かすだけ!
使うときは手のひらに乗せて泡だてて、終わったらゴミ箱に捨てる

外の洗面所で石鹸のボタンに触れることもないからおすすめ

 

免疫を活性化する

規則正しい生活と睡眠といっても忙しい社会人には厳しい

必ずしも効き目があるとは言い難いですが
免疫を高めるようなサプリや食品を取ることも予防策のひとつ

 

エタノールで除菌

エタノールを含んだ液体スプレーや除菌シートを使う

 種類 特徴ウイルス
エンベロープウイルス膜を破壊できるため除菌が有効新型コロナウイルス
ノンエンベロープウイルス膜そのものが無いため消毒に強いノロウイルス
ロタウイルス

新型コロナウイルスはノロウイルスやロタウイルスと違って
効果的だと現状では言われています

ただし、オンラインも店頭も品薄状態が続いており価格が高騰しています

 

マスクをする効果

一般的には周りに拡散させないための予防策と言われます

実際には目や鼻、口を無意識的に触ってしまうことで
感染リスクが高まる理由からマスク着用がベスト

マスクの裏表に注意する(マスクによって異なるので説明を確認)
マスクを外すときには表側を触らないようにして捨てる
この辺りも気をつけたいポイント

 

春節延長問題

当初、今年の春節は2020年1月24日〜30日の予定

中国から大量に観光客が来る事はないということでしたが
自治体や企業では2月8〜9日ごろまで春節が延長しているため注意が必要です

 

マスク不足問題

増産が追いつかず店頭でも「おひとりさま」1点まで
といった制限を設けている状況

ネットショップやフリマアプリを覗いてみると、
なんと定価の5倍以上で取引されているのでまさに異常事態
いわゆる「転売ヤー」が問題となっています

例年1月下旬からスギ花粉が飛散するため
花粉症の方の需要も高まるだけに困っている方もいるのでは・・・

 

【最新】新型肺炎の情報一覧

都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップ

厚生労働省ホームページ 「新型コロナウイルス感染症」
厚生労働省ホームページ 「報道発表資料」
東京都感染症情報センター

これらを元に作成しています

感染者マップについては、視覚的にとてもわかりやすいので是非とも参考まで!

 

最後に

以上、新型肺炎の情報について紹介しました

今後も最新情報や対処法については随時更新していきます
少しでも早く終息宣言が出されて欲しいものです

ぜひ皆さんも自分で必要だと感じた対処法や知識を調べてみてください

日々の生活に気をつけつつ、正しい情報を得ることを心がけていきましょう
いざと言うときに慌てずにコロナウイルスに対処できるようにしておきたいですね