読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHO-GOURITEKI

仕事も恋も人生も"超合理的"に。

私結婚できないんじゃなくて、しないんですの感想と恋愛テクまとめ(第二話)

エンタメ エンタメ-ドラマ

dekishina2

どうもM@∞(マヤー)です。

 

前回の記事が思いの外、好評だったので今回も書いちゃいます。

今回はリアルタイムで見ることに成功したぞ!!

 

まだの方は第一話の記事も合わせてご覧くださいね〜〜

Pickup!【話題】私結婚できないんじゃなくて、しないんですの恋愛テクをまとめてみた(1) 

 

それでは第二話の恋愛テクと感想をどうぞ! 

 

 

第二話:仮氏を作れ!

どんな男でもいいから彼氏を作る

仮氏(かりし)とは、とにかく仮のカレシを作るってことだそうだ。

本命にアタックするのはそれから!別に私いるから困ってないんですっていう保険にもなる。

 

これはモテ男女の標準装備。いわゆるキープ君なんて言われかねないポジションだけども。恋人が途切れない人は、このキープ候補が常にいる。程よくアタリをつけているそうだ。おれも10代の頃、オダギリジョーに似たモテモテの先輩にそう教えられたな〜つねにスレンダー美女が横にいたな〜〜〜くっ悔しいです(笑)

 

誰も居ないと必死感が伝わりすぎて重たくなりがち。これはベタだけどもやっておこう。

 

3つのションを男ウケに変えろ!

みなさんは何だと思いますか?

ションがつくもの…でCMに入った。それはなんだとCM中に必至に考えたおれ…

きっとこれだろうと。

 

テンション・リアクション・ロー…

 

 

おーーっと失礼失礼…あぶないあぶない

 

 

正解は、

 

コミュニケーション・リアクション・ファッションの3つ!

 

ひとつだけ正解しておりました (笑)

本編では、婚活パーティのシーンで使われていた。

 

1)コミュニケーション

・明るく愛嬌をたっぷり、程よく本音

相手と話すときには明るい表情で女性らしく、時には、「一生懸命話すのも疲れますよね。」なんてさらりという。

 

明るくと愛嬌があればどんな女性でも可愛らしく見えるよな。疲れた時はつかれた〜うれしい時はうれしい〜嫌なときはイヤだ〜好きなときは好きだ〜って感情を出してくれると男ウケ間違いなし!えっ…別にってなると、お、おうってなる。

 

2)リアクション

・キーワードは本物の感動

本編では、相手の話にガチ泣きしていたが、女優さんではないのでそこまではいらない。

 

決して上の空ではないことが重要に感じる。えー、そうだったんですか、大変ですよねとか、私これ行ったことあります、最後のクライマックスなんて感動しすぎて号泣しちゃいました〜とかだと、ああ、なんて心優しい人なんだって思えます、ええ。

 

3)ファッション

・清らか・可憐・かわいらしい

パステルカラーのワンピ、シースルー、細ヒールの靴、てろてろスカート、アンサンブル、タイトスカートが王道のファッション

 

自己主張なんです、ウチはウチなんですを押し付けてくると男は引いてしまうことがある。ビカビカしたやつとか黒一色のスタイリッシュな格好よりも、女の子を感じさせる服装だとやっぱりドキッとする。決して高価なものでなくていい、ふわりとした素材、シンプルでもワンポイントでフリルが付いていたり。いわゆる赤文字系のファッションスタイルが男子モテする。個人的にはベージュを着こなせる女性が好きです(笑)あとなぜ、揺れるものが気になるなのだろうか。

 

その他気になったこと

空も飛べるはず

回想シーンで出てくる、「空も飛べるはず」は懐かしくて染みた〜まさに青春そのもの〜これで年代がバレそう(笑)どこか切ないけど、なんか恋したくなる。スピッツはいつ聴いてもいいよね。嗚呼甘酸っぱい青春の思い出が蘇る(笑)

 

空も飛べるはず

空も飛べるはず

スピッツ

J-Pop

¥250

provided courtesy of iTunes

 

いろいろごちゃごちゃしてくる 

急に割って入ってきた「仮氏」候補?!

さらなる恋愛テクを叩き込まれる?

十倉マスターの過去もなんだか気になる…

 

今後の展開も見逃せないぞ〜!

 

原作本も読んでみるかな。

「夢をかなえるゾウ」の著者らしい。ちょっと前に友人に勧められたことがある(笑)

なるほど、どおりでスッと入ってくるわけだ。

 

 

まとめ

第二話も面白おかしく観ることができた。ひっさびさにじっくり見ている。いろいろと勉強になります、マスター!毎週金曜日が楽しみになってきた!

 

ちなみに、この週末に「3つのション」を合コンで力説している人がいたら、それはおれです(笑) 

 

それではまた!