読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHO-GOURITEKI

仕事も恋も人生も"超合理的"に。

新しい一歩を踏み出す時、止めるピーポーも大丈夫ピーポーもどうかと思う【下】

仕事 仕事-人間関係

third_wave

 

こん超合理的!M@∞(マヤー)です。

きょうは待ちに待った?!下の巻ですね〜

 

 

前回の復習

新しい一歩を踏み出す時、2種類のタイプにはいかがなものかとお伝えしました。

 

・止めるピーポー

・大丈夫ピーポー

 

詳しくはこちらにてどうぞ!

 

2つのタイプには気をつけろ〜を復習いただいたところで、さらに切り込んでいくことにする。 

 

サードウェーブピーポー

第三の刺客現る

新しい一歩を踏み出す時、どこからともなく、それは突然にあなたの前に現れるのだ。

 

「辛いよね、こんなときこそ、ぼくがそばにいるよ。」

「夢を追う人が大好き。そんな人にワタシはずっとついていきたい」

 

 

はいはいはいはい、思いつきで軽々しくそんなこというなって・・・

 

 

サードウェーブピーポー、すなわち第三の人間だ。

挙句の果てに、これを機に一緒に住もうだの、住みたいだの、支えたいだの、ずっと一緒にいたいだの、持ち込んできやがる…うまいことスペース埋めてくるよな。この恋愛と絡めた感じで来るのが何を隠そう一番悪どい(笑)

 

こんなパターンもある

「そういう挑戦はすごいすき、ワタシになんでも言って!いい人も紹介するし、力になるから」

「ぜひともボクに相談してよ。ボクだけが唯一解決に導くことができるんだから」

 

なんてよくもまあ。一見とても頼りがいがあるように見えるこのタイプ。それでいて、悪事に手を染めさせたり、思いのままにイニシアティブを握ってきたりしてしまうのだから。おそらく自分を神の子"KID"とでも思っているんだろうか(笑)

 

とはいえだな、たいていの人は、ズルズル行ってしまうんだよ〜本来の目的ってやつを見失ってしまうのさ。

 

甘言耳に快く 諫言耳に痛し

【かんげんみみにこころよく、かんげんみみにいたし】

あま〜い言葉には酔いしれて、忠告には一切聞き耳を持たず。

 

先人たちは実にいいとこ突いてる〜すでにズバッと言ってくれているやん。

 

とはいえ、易きに流されがちなんだよな〜〜〜

 

褒めるだけで気持ちのいいコトばかり言ってくる人はいつまでもしがみついてくる一方で、口を開けば諫言のお節介極まりない人は、気づいた時にはあなたのもとを去っているものだ。そのひとりがそう、おれだ。おせっかいオジさんです(笑)

 

その人のことを本気で考えてくれる人ならいいのだが、そうとも限らないだろう。

このサードウェーブピーポーは一番見極めが難しいところ。じわりじわりとあなたから養分を吸い取ってくる。ふと気づいた時には自分自身カラッカラになっていることも。新生活、新しい一歩を踏み出す時の不安的な時期にスタートからつまづかないようにくれぐれも気をつけていただきたい。

 

本当に心優しい人と巡り会いたいものだね〜

 

【Fin.】

 

それではまた!