読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHO-GOURITEKI

仕事も恋も人生も"超合理的"に。

【KSK】男性がプロポーズしたいけど、やっぱりできない女性の特徴【DKN】

恋愛 恋愛-メソッド

kskdkn

 

どうもどうも〜!鉄拳マヤーです。

 

久々に恋愛ネタをお届け。

 

DAIGO(ダイゴ)と北川景子の結婚で話題となった、「KSK」

KSK=結婚してくださいのダイ語として注目を集めただけでなく、曲まで披露するなどまだまだ世間を賑わせている。

 

そこできょうは逆に、こんな○○はイヤだ、ならぬ、

こんな女性とはKSKDKN

「結婚してください」と言いたいけど、やっぱりどこかできない特徴の数々をお送りします。

 

 

 

  

こんな人とは結婚したくない?10の特徴

これまでにいろいろな人を見てきた、または話を聞いてきた中で、どうしようもない人ってのがいるものだ。

 

たとえ好みのタイプでも、目の覚めるような美人でも、誕生日で相性がよかったとしても、以下に当てはまる場合…くれぐれもお気をつけください。

 

1)ありがとうとごめんなさいが言えない

 

まず、まともに「あいさつ」できない人がいる。

メールであれ、直接会う時であれ。

 

仮にありがとうはすんなり言える人はいるとしても、ごめんなさいが全くもって言えないパターン…

 

初対面だろうが、遅刻しようが、トマトクリームをぶちまけようが…

本当に…ススンハァ、本当にごめんなさい(©ショーンK)

 

って言えないのはなぜだろう。

 

2)基本的にネガティブ

 

「わたし、もうダメかも、どうせわたしなんか…」

1年のうち350日くらいネガティブってある意味すごい…

 

不幸話のフルコース。

むしろわれわれが寛容な心を持ったほうがいいのかもしれないのか。

 

「明るい家庭」を築きたいな…

 

3)話の大半が妬み嫉み僻み

 

これもダメな女性の三点セット。

 

ネタとして自覚して言っているならいいんだけでも、マジのやつは…

実際会って話した場に留まらず、その後、SNSでも何でもかんでもあげまくる…

 

隣がイチャイチャしてようと、高いもの食べてようといいじゃないか…

「よくないね」ボタンが欲しいと思った瞬間であった。

 

4)〜したいんだよね。でも〜が口癖

 

恋したいんだよね〜でも仕事が忙しくて。

痩せたいんだよね〜でもスイーツがやめられなくて。

 

そしてこう言うだろう、

「結婚したいんだよね〜でもイケメンがいなくて」

 

5)依存度が高すぎる

 

▼定番フレーズ

「あなたが人生のすべて。いなくなったらわたし…明日からどう生きたらいいの…」

 

これについては、良心で対応しているうちに、ヘタをすると「共依存」という脅威のシンクロ率を叩き出すこともあります。

 

くれぐれも引っ張られないように注意しましょう…

 

6)束縛が多すぎる

 

束縛がすぎる人、和名は、「魔獣ソクバッキー」ともいう。SRカード認定です。

 

▼定番フレーズ

「うちによる、うちのための、うちによるカレ」

「うちのモノはうちのモノ、あなたのモノも、うちのモノ」

「いまどこ?なにしてる?」

 

100連装LINEガトリング砲を標準装備としているが、いずれ「お小遣い1万円縛り」なんて特技も覚えるに違いない。

 

ヒヒ~ン。

 

7)食べ方が汚い

 

いわゆる「クチャラー」と呼ばれて。

 

なんでぼろぼろこぼせるのだろうか、クチの周りにいろいろ付けても気にしない…

ラーメンのすする音が嫌で結婚を諦めた話も記憶に新しいですね。

 

きっと相手との距離感の前に、「自分と食べ物との距離感」がつかめていないのだろう。

 

とニーチェは言ったのだった。

 

8)男に奢られて当然だと思っている

 

 

まだ財布を出したフリでもすれば可愛いものだが、

「はじめから全部払うんだろ、ほれほれって〜」いうドヤ顔のやつ。

 

もっと恐ろしいのは、財布にお金が一切入っていないパターンもあった。

 

そんなやつにはビタ一文払わねえってんだよーーーい

 

9)リスケ遅刻ドタキャン常習犯

 

何度もリスケするひとたち。

 

そんな都合よくお腹が痛くなったり、親戚が倒れたりしないだろ…

15分前になってやっぱり行けませんってのも笑える。

 

ちょっと遅れるが1時間であったりとか…

きっと海外生活が長すぎて、サマータイムでも導入されているんだろうか。 

 

 

10)気分のアップダウンが激しすぎる

 

「きょうは幸せ〜〜〜〜〜」って言っていたのが、

次の日になって、

 

「きょうは最悪…もう人生の終わりかも…」

一体何があったんだ。

 

でその翌日、

「きょうは朝からネコの写真見て気分最高〜〜〜〜〜♡

なんやねん!一人二役かよ!

 

今すぐ病院に行きましょう(笑)

 

根深い問題が潜んでいる 

当の本人が気づいていないことが一番アウト

言う人が誰もいなくなってしまったのだろうか。

 

人としての素質すら疑ってしまうよ。よくもまあここまでやってこれたなって思ってしまう。こんなケース、意外と出くわすんだよな〜先日書いたPairsの記事でも触れたが、見事に遭遇しました。

 

それでもきっと一緒にいる人って、その人がよっぽど類まれなる何かを持っているか、催眠術にでもかけられているんだろうな(笑)

 

まとめ

以上、こんな女性は○○だ!をお送りしました。

 

男性のみなさんはお気をつけて。見た目がカワイイからって結婚までしないように。

 

女性のみなさん、気を悪くされた方もいたかもしれません。ただ、この辺のところを男性はみてます。なので、もしプロポーズされそうなのにどうもされる雰囲気ではないなんて思ったら注意してみてください。

 

Special Thanks

この記事も超絶おもしろく読ませていただきました〜

 

 

男性編も書くかもしれません。 

 

KGKT

 

乞うご期待

 

それではまた!